KyoHey日記2014年5月

2014年

5月1日 懐かしの彼らを懐かしむ。
Twitterではお見せしましたが、懐かしいゲームのキャラクターイラストを描きました!
kurono.jpg
【クロノトリガー】クロノ

知らずと知れたスーパーファミコンの名作、クロノトリガーの主人公クロノです。
この頃の主人公にはなぜか母子家庭が多く、
父親がいない気がします。(ポケモンとかマザーとかもそうですね)

そういえば彼は何者なんでしょうね?
木刀片手にお祭りに遊びに行くハチマキ少年…?
学生という訳でも、働いている訳でもないようです、謎です。
ark.jpg
【天地創造】アーク・ヨミ

こちらは隠れた名作、天地創造の主人公アークとマスコットキャラ?のヨミです。
実はこのゲームをアノさんにオススメして、つい先日クリアしました!
かなり気に入ってくれたようで、未だに天地創造の音楽を聴いたり
考察トークが止まりません。

彼については両親がいませんが、出生の秘密などは物語で明かされますし、
ヨミが何者なのかもラストにわかりますね。

ただ、考える余地のあるストーリーになっているので
クリア後にあれはこうだった、これはこうだったと思い返すと
とても意味深いゲームです。

そこらへんも含めて、Twitterでも言ってた考察日記書きます。


※ここから先はKyoHeyの勝手な考察や解釈・ネタバレが含まれます。
 あくまでゲームを楽しむための考え方なので、これが正解という訳ではありません。
 それでも構わない方はご覧下さい。


【クロノトリガー】

・ラヴォスコアがなぜ右のビットなのか?

→これ、普通にゲームとして見れば本体は真ん中にいる人型のモンスターです。
 しかし明らかに右にいる小さなビットが強い。
 調べて見ると、この右のビットが「ラヴォスコア」らしいじゃないですか!
 よく考えたら、人間でいう「心臓」の部分なんですよね。
 そう解釈したら右の小さなビットがコアでも納得がいきました。

【天地創造】

・裏エル・裏アーク・クリスタルホルムは消滅し、バッドエンドだったのか?

→地裏は消滅しましたが「あるべき姿に戻る」という言い回しから
 地裏と地表は一体化したのではないでしょうか?
 よって、ラストシーンに登場した表エル=裏エルと解釈でき、
 表アークも裏アークと言えるでしょう。
 (表アークは死んでいるはずですしね)


・最後に扉を叩いたのは誰か?

→アークでしょう!

 最後の夢を見たアークは鳥になって発展した世界を見て回ります。
 そしてとある森へと降り立ちます。
 そこから表エルが「こんな遅い時間に誰かしら?」と扉を叩く誰かの対応をしに行くところですが、
 わざわざ「もう12時も近いのに…」という言い回しをします。
 これ、別に「夜も遅いのに…」でもいいですよね?
 こういったまわりくどい言い方をしたのはストーリーにも絡んだ
 「13時=あり得ない時間=ベルーガが復活し支配された世界」から
 「1時=本来あるべき姿の世界」へと変わろうとしている描写ではないでしょうか?

 なので例えこれがアークが見た夢であっても、現実だったとしても
 そこにいたのはアークだったのではないでしょうか?
 そこに鳥がいたとしても時間が変わり、本来あるべき姿の世界へと戻り、
 またアークも本来あるべき姿(人間の姿)へと戻ったに違いありません。