KyoHey日記2014年6月

2014年

6月27日 これからまた…
お久しぶりです、KyoHeyです。
生きてます!!!

さて、だいぶ長い間更新が止まってしまっていたので
そろそろなんとかしようと影でこそこそ動いています。
(最近はモチベーションが上がらないなー、なんとか工夫します。)

日記に書きたい出来事はたくさんありましたが、一気に書くのも大変なので
できる限りに止めておくことにします…
(Twitterでできる限りの事は書いてきましたので、そのまとめ程度で)


僕とゆうきが10年待った「ロックマンDASH3」が3DSで発表され、
体験版の配信ギリギリで開発中止になってしばらく経ちました…

あれはショックだった。

ネタバレなのであまり書きませんが、「ロックマンDASH2」は
とても続きを期待させる終わり方だったんです。

僕は子供の頃からカプコンが大好きで、ロックマンは僕のヒーローです。
そんな彼がスマブラに参戦すると決まった時は歓喜し、
ロックマンシリーズの復活を大いに期待しました。

しかし最近のカプコンの動向としては、ロックマンシリーズは音沙汰ナシ。
よくよく思い返せばモンハン3もハードをPS3からWiiに変更。
(売れてるハードを選択するのは会社として当たり前ですが、
 僕はPS3のモンハンがやりたかった…)

デビルメイクライも海外のスタジオが制作し…
(バイオもかな)

ブレスオブファイアの新作(6)もスマホアプリで発表…
鬼武者も完全にアプリと化し、今やモンハンでなんとかブランドを保っている印象です…

それでも「ドラゴンズドグマ」なんかは僕としては楽しめましたし、
バイオもデビルも海外スタジオながらアクションなど丁寧に作り込まれていて
良い意味でのカプコンらしさ(元々の海外っぽさ)は健在かなと思います。

しかし「ロックマンDASH3」だけは妥協せずなんとかしてほしい…!
これはカプコンにしかできない事ですね。

そんな中、自作で「ロックマンDASH3」を創ってカプコンの目を覚まさせてやろうじゃないか!
という「鋼の冒険心」を持ったクリエイター集団が登場し、DASHファンを熱くさせました。

スゲー!
あくまで「体験版」のほうの再現ではありますが、実際にゲームとして動くそうです。
ニコ生で動かしているところも見ましたが、
これが会社ではなくあくまで個人集団が創っているのかと思うと驚きです…!

と、これに感動して僕もゲームを作り始めました。

マジです。

Bqf9wWRCEAACh_Y.jpg-large.jpeg
カオス&ソード作ってます!

ま、今はまだ試し試し作っている段階なので本始動は先ですが…
体験版くらいは今年中に作って配信したいなと考えています。

何しろ主人公グラフィックなどくらいは自作したいと考えてますし…
(現在効率的な制作方法と元データを模索中…)

ちなみに、アノさんがモンスターグラフィック描いてくれるそうなので
隠しボスキャラとして「ムキムキミモロン」と「ムキムキマデュー」が出て来るかも知れませんね…

もちろんRPGツクールを使用しています。
僕はスーファミの一作目からツクールファンですが、
DS版では思い通りの作品が作れませんでした…
(バグもそうですが、仕様から酷い…僕から問い合わせのメールを送ったほどです…)

しかしPC版のツクールは未だにいくつか発売されており、その最新のものを購入しました。
今のPC版ツクールは色々できるようになってるんですね〜
ずっとやりたかった表現が、これでけっこうできるようになっていて
楽しみながらゲームを制作できています。
(それでもまだ機能を全部把握できていないのか、できない事もありますが)

ニコニコ動画でゲーム実況をあげるようになってから、よく見るようになった
「青鬼」というゲームも、RPGツクールで作られているそうですよ。

これ、RPGらしい戦闘システムは詰んでいない、いわば「探索ゲー」なんですが、
最近はこれが主流なのかけっこうこういうゲームは多いみたいですね。
僕としてはライブアライブのSF編を見ているようです…

青鬼はその中でも人気が高く、実写映画化もされました!
※怖い映画ですよ…

こわっ!!!

肝心のカオス&ソードのほうは「純粋なあの頃のRPG」を蘇らせるつもりで制作しています。
RPG初心者でも楽しめて、上級者の方には「あるあるネタ」をふんだんに取り入れた
「RPGの根本」を良い意味で覆すというか、悪い意味で引っ繰り返すものにしたいですね。

というわけで、今回はこのくらいにしておきます…