KyoHey日記2015年7月

2015年

7月1日 ガムテープみたいにな!
サンシャインクリエイションお疲れ様でした!
現在KyoHeyは、さっそくですが続編の本を制作中です!
近々表紙のイラストの公開しますね〜

で、僕は最近ゲームのバグ動画にハマっておりまして…
ニコニコ動画を散策すると、けっこうあるんですよね面白いバグ動画が。

特に息抜きにチートバグシリーズはどれも面白いですよ!

ガムテープみたいにな。

どうやったらこんなバグ出せるんだ…
生放送とかも見た事があるのですが、地道にチートコードをいじって
面白いバグを待ち続けるという地道な作業でした。
これは大変だ…


僕の方はちょくちょく普通にゲームで遊んでおりますが…
最近ゲームのエンディングを見ていない気がして、少々焦っております…

兎星アノさんと一緒にこの前に出た3DSの「ファイアーエムブレム」をプレイしています。

シミュレーションゲームは地道にキャラクターを育成するのが好きな人にはたまらないジャンルですが、
それ故にプレイ時間も長めなので、僕は1ステージクリアしたらやめる、という遊び方をしています。

すれ違い通信や対戦などでも遊べるので、普通のシミュレーションよりもやりごたえがありますよ!

難易度も自分で選べるようになり「てごわいシミュレーション」と呼ばれた時代は
前作からかなり緩和されて過去のものになりました。

今まではユニットが死亡したら、二度と復帰できない仕様でしたからね…
仲間がやられた時の絶望感と言ったらありません。
(もちろん、今まで通り死亡したら復帰しない難易度もあります)


最近は次回作の制作で忙しいところですが、
日記のほうもちょくちょく更新してオススメゲームの事なんかも書いて行ければいいなぁ〜

7月2日 やめておけばよかったのに…
昨日は面白いバグ動画を紹介しましたが…
今日は怖いバグ動画をご紹介します。

怖いのが苦手な方。怖さが後に残るという方は
絶対に見ないようお願い致します…!
(人によってはシャレにならないかも知れません、マジでやめておいた方がいいです)

今回紹介するのは、海外では都市伝説になっている
「呪われたゼルダの伝説 ムジュラの仮面」
が題材になっていて、それをわかりやすく動画にまとめたものです。

元となるデータは(動画を見れば理由はわかりますが)動画しかアップされておらず、
ゲーム自体は配信されておりません。

このお話には「ベン」と呼ばれる人物(人というか存在と呼ぶほうが正しいかも)が所々出て来ては
プレイヤーへ謎のメッセージを残していきます。

そのベンが何を伝えたいのか?なぜムジュラの仮面がこのような状態になっているのか?
そして最後にはどうなってしまうのか…気になる方はどうぞご覧下さい。




ありがとうございます。
やめておけばよかったのに…

7月3日 ヤベヤベヤベ!!!
そういえば先月、ゲームの大きな発表「E3」がありました!
僕としたことが、日記で書いてないじゃないですか。
(Twitterでは散々騒ぎましたが)

やっぱり一番の発表はFF7のリメイクが決まった事ですよね〜!

最初はリアルになった兵士などで何かのFPSかと思ってしまいましたが…
よく見ると看板に漢字が使われたり、音楽がアドベントチルドレンだったり…

そしてそれが最後、核心に変わった時の瞬間は「ずっと待ってて良かった!!!」と
誰もがテンション最高潮になったことでしょう。


そしてもうひとつの目玉だったのが「人食いの大鷲トリコ」のムービーだったのではないでしょうか。

FF15がヴェルサス13だった頃に発表されてから、ずーっと動きがなく…
一時は制作者の上田史人さんから「制作は続いていますよ」という意図の文章を公開するほど
ユーザーのみなさんは制作が動いているのか心配だったタイトルだった事でしょう。

今年、PS3だったものがPS4になってしっかりとした発売時期も明示され、
とうとうこれが遊べるのか!と夢のような発表でした。


そして僕が「ヤベぇ…」と思わずこぼしたゲームプレイ映像が
「アンチャーテッド4」ではないでしょうか?
(動画はE3で発表されたもののロングバージョンになっております)

これがムービーではなく、ゲームプレイ映像だという事がまだ信じられないクオリティです。
銃や爆弾で木っ端みじんになるオブジェクト、どんどん泥まみれになる主人公。
そして息もつかせぬリアルタイムイベントの数々。

今までの作品も十分ハラハラする内容でしたが、間違いなく今作はPS4初のアンチャという事で
できるであろう全ての技術力をゲームに費やしているハイクオリティ作品のひとつでしょう。


来年発売のものばかりですが、今年も十分キラータイトルが待ち構えているので
これから楽しみですね!こちらの日記でも追ってご紹介したいと思います。

7月18日 世界を回すのは自転じゃない、機転だ!
僕はよく寝ます。
そのおかげか、身長が無駄に180cmもある巨人に育ちました。

それに伴い、よく夢も見ます。
が、その内容がひどいと僕の周りでは評判です。

この前もサッカーのPKをする夢を見たのですが、
蹴っているのがボールではなくてティッシュ箱でした。

今日の日記はそんな僕が、昼寝をして見たカオスな夢の内容です。
夢日記も好評ならシリーズ化するかも…

※夢のお話なのでおぼろげな内容、つっこみどころ満載のストーリーです。



どうやら僕は旅行先(感覚では修学旅行だったけれど)にいる様子。
一緒にいるのは親友。
その親友が、

「なんで電話を話す側と聞く側ではラグが発生するのか、詳しい理屈が知りたい」

と言っていたのを聞いて、僕はすぐそこにある大学に自分の知り合いの先生がいるという事で
理屈を聞きに行ってあげることにした。

(現実では僕の高校の頃の理科の先生の事でしたが、
 先生は「俺の知らない事を質問できたら今学期は最高評価をやる」と言って質問の時間を作り、
 僕はまだ人類がまだ到達していないであろう「ビッグバンが起こる前の宇宙ってどうなっていたんですか?」
 という疑問を投げかけ超ヒモ理論のお話で返してくれたすごい先生です。)

で、実際に大学に行ってみると、先生は「知らん」の一言だけでした…
周りには僕の中学時代の友達も学生としていましたが、やりとりはよく覚えていないので割愛…

がっくりして帰ろうとした時、先生の机の上にある雑誌の内容が目に止まりました。

「世界を回すのは自転ではない、機転だ!」

この字を見た時、妙にインパクトがあって関心してしまいました。
それと一緒に載っていたイラストには金髪ウェーブの女の子がヘッドスピン?をしています。
ano_yume.jpg
イラスト 兎星 アノ
(夢で見たイメージをアノさんに伝えて描いてもらいました。アノさんの絵柄がピッタリだったので。)

どうやら企業のキャッチフレーズのようで、しかもよく見ると僕が前にいた会社じゃないですか!
(実際はそんなキャッチフレーズありません。使いたい企業さんはKyoHeyまでw)

そんなこんなで今度こそ帰ります。

あたりはすっかり夜になってしまいました。
すると、向こうからゲームカセットを沢山持った外国人の方がやってきます。
そして足元に2つ、任天堂64のソフトが落ちてしまいます。

パッケージのひとつはムジュラの仮面。(ベンの事があったからかなぁ…)
もうひとつはよく覚えていませんが、パワプロかポケモンスタジアムでした…
タイトル名は英語でしたが、絵でわかりました。

それを拾ってあげて、落ちましたよ。と手渡そうとすると外国人の方は
首をぶんぶん振って「違う」とでも言いたげにゲーム屋さんに早足で入っていきました…

僕はそのゲーム屋さんのゴミ箱に腰掛けていた外国人に「じゃああなたの?」と聞いてみると
ソフト2つを受け取ってくれました。
よかった、どうやらこの人のものだったようです。
…と安心していると、それを見ていた外国人の方がえらく感動したのか、
僕のほうへやってきて腕を引っ張っていきます。

ゲーム屋の中に連れて行かれた僕は、身振り手振りで何やら外国人さんが伝えたいようで
プレイステーション3のコントローラーが動かないので困っているという事に気がつきます。

そこでUSBをコントローラーに繋げてあげて、遊べるようにしてあげると
また違う外国人の方がえらく感動したらしく僕の所へやってきて
今度はプレイステーション4のコントローラーを渡してきました。

何を言っているのかわからないですが、どうやらそのコントローラーをくれるらしいです。

しかしお店の奥から日本人が「ダメだよそれこれから売るんだから!」という声が。
どうやらプレステ4を売りに来たのに、そのコントローラーだけを僕に渡しに来てしまったようです。

僕は申し訳ないのでそれを返すと、また別の外国の方がえらく感動したらしく僕のほうへやってきます。
もう早く帰らないと…と思いその人を見てみると…その…なんていうか…

オネェ系のムキムキマッチョメンだったのです。

僕は全速力で逃げました。
しかしどうやらここらへんは山の上らしく、逃げる場所もあまりないため走り続けたらいずれ捕まると
思い切って隠れる事にしました。

しかしそれも空しく、速攻でオネェ系外国人の方に見つかってしまいました。

もうダメか…と諦めかけたその時、スッと手を出して握手を求めてきたのです。
そう、握手がしたかっただけなのです。
人を見かけで判断してはいけませんね。

僕はそのオネェ系外国人の方とガッチリ握手して、帰り道を探し始めました。

しかし帰れる道は砂利だらけの崖のような道になっていて、とても歩いて降りられません。
(ここでなぜか)何か乗り物があれば…と周りを見渡すと、
鉄骨にぶら下がったウサギの姿が。
しかも腕でぶら下がっています!(ウサギは腕の力が弱いので、本来そんな事できません)

すげー!と見入っていると、雑誌で紹介されていたウサギだという事に気がつきます。
このウサギさん、最近太り気味で本業のモデルに支障が出たためダイエット中のようです。
その最中にポールダンスができるようになったという話でしたが、
その時は残念ながら見ることができませんでした…

と、残念がっていると僕の目の前にはバランスボールが!

これなら崖を降りられる!!!(なぜだ)
と思った僕は、そのバランスボールに乗って崖をゆっくり降りていきます。

すると前からパトカーが一台やってきます。(すげぇ坂なのに)

「はいそこのバランスボール、止まりなさい」

そう言ってお巡りさんに止められた僕は、事情を説明します。
ここからじゃないと帰れないんですよ…と。

なんとかあれやこれやと話していたらお巡りさんは納得してくれたらしく、
僕は無事、家に帰れ…



…というところで目が覚めました。
長い、長い夢でした…